2006年01月08日

初めてでも、安心!簡単!松井証券のオンライントレード

松井証券はネット株取引の先駆者として有名ですが、その地位に安住することなく、常に先を見据えたサービスを提供し続けています。

そのサービスのひとつに最近始めた、
「1日の約定代金10万円まで売買手数料”0円”」
があります。

これは小額取引を行う個人投資家には嬉しいニュースですね!
実際に個人の取引額としてはこの辺りの額が現実的ではないでしょうか?今ご利用の証券会社のサービスに不安や不満をお持ちの方、自分の投資スタイルに合ったオンライントレードをサービスを探していた方は是非松井証券のご利用を検討されてみてはいかがでしょうか?



松井証券への資料請求のお申し込みはこちらから
posted by カドピー at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 松井証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松井証券なら、ネット株取引初心者でも安心です。

手数料はどのくらいかかるんですか?

小額取引なら手数料は頂きません!
1日の約定代金が合計10万円までなら何回取引しても手数料は無料 (※1)。少額取引から始めたいという方も安心してご利用いただけます。10万円を超えても、手数料は定額制だから手数料を気にせず取引できます。
(※1)株式取引が対象。一部対象外の銘柄がありますのでご注意ください。



仕事が忙しくて時間がありません。
インターネットを使った取引なら、あなたの時間に合わせた取引が可能です!
店頭や電話で話す必要があった従来の取引と違い、インターネット上での取引だから24時間、休日でも取引をすることができます。休日気が向いたときなど、自分のペースで気軽に注文することができます。



分析したり、調べたり。株取引は複雑で難しそう・・。自信ないなぁ・・。
無料での分析レポートが充実!
初めてでも簡単に、しっかり取引ができるように、松井証券は情報提供にも力を入れています。例えばリアルタイム株価などの情報、いろいろな条件での銘柄検索機能なども、PC上で簡単に見ることができます。



松井証券への資料請求のお申し込みはこちらから
posted by カドピー at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 松井証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松井証券の取扱い商品一覧

下記の一覧が松井証券で取り扱う商品の一覧です。

現物取引
国内の株式市場に上場している銘柄は、ほぼ全て取引可能です。

信用取引
保証金の約3倍の金額の株式を売買できる取引です。

中国株
経済成長が続き注目されている中国の株式も取扱っています。

預 株
株式をお預かりし、預株料をお支払いするサービスです。



松井証券への資料請求のお申し込みはこちらから
posted by カドピー at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 松井証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松井証券の無料サービス 一覧

口座開設料
提携金融機関の窓口でも口座開設申込み可能。もちろん口座開設は無料です。

口座管理料
証券会社によっては3,000円程度かかる口座管理料。松井証券ならどの商品を購入、保有していても無料です。

ネットリンク入金の手数料
三菱東京UFJ・三井住友・みずほ・スルガ・イーバンク・ジャパンネット銀行と郵便貯金の専用ネット入金サービスなら振込手数料が無料。出金は金融機関にかかわらず無料です。

入庫手数料・郵送料
株券ゆうパックサービスでは、無料でご指定の場所に株券をお預かりに伺います

投資情報利用料
QUICK社が提供する企業分析を無料でご提供。
また、様々な条件で銘柄検索ができる「スクリーニング機能」も無料でご利用できます。
さらに、株価が自動更新する 「株価ボード」も無料でご利用できます。

アカウント・プロテクション
お客様に安心してお取引いただけるように、松井証券では分別保管や公的な補償である投資者保護基金に加えて、独自の保険契約(金融機関等包括補償保険)に加入することで、お客様からの預り資産を最大10億円まで包括的に補償する制度(アカウント・プロテクション)を導入しています。



松井証券への資料請求のお申し込みはこちらから
posted by カドピー at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 松井証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松井証券の今までの実績

松井証券は、国内で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したインターネット専業の証券会社です。

他社に先駆けて

「定額制手数料体系ボックスレート」
「預株(よかぶ)」
「無期限信用取引」


など数々の挑戦を続け、2004年度の株式売買代金は20兆円を超えました。

小さな証券会社に過ぎなかった松井証券は、株式手数料自由化後わずか5年で株式売買代金で大手証券をしのぐまでになりました。
松井証券の今後の挑戦に期待したいですね。



松井証券資料請求のお申し込みはこちらから
posted by カドピー at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 松井証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。